スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
太陽光発電システム、PSパネルヒーター
2014 / 07 / 29 ( Tue )
太陽光発電システム、PSパネルヒーター
太陽光発電システム、PSパネルヒーター

鎌田工務店の新モデルハウスの屋根に太陽光発電システムを設置しました。

太陽の光エネルギーを電気に変えるこのシステムは、エコ&快適な暮らしに貢献します。

シャープ製 4.7kwのパネルを設置しました。

実際の発電量データを新モデルハウスにて公開予定です!
太陽光発電システム、PSパネルヒーター
太陽光発電システム、PSパネルヒーター

内部では仕上げ工事も内装工事も完了して

ヒートポンプ式のPS製パネルヒーターも設置してます。

モデルハウスは、ヒートポンプ技術を使った温水パネルヒーターを採用してます。

パネルヒーターはPS製を採用してます。

夏の暑い時期に暖房の話をしても時期外れですが、

40度ほどに温められた温水がパネルをめぐり、家中を穏やかな輻射熱で温めます。

全館暖房なので、廊下に出てヒヤリというヒートショックもありません。

室内の空気はいつもすがすがしく体もラク。子どもや高齢者のいる家庭にもおすすめです。

エアコンとは違い風や音の無い暖房で柔らかで穏やかな暖かさを体感出来ると思います。

(鎌田工務店の事務所も全館PSパネルヒーター暖房です。)
太陽光発電システム、PSパネルヒーター
太陽光発電システム、PSパネルヒーター

モデルハウスでは設備機器の設置や照明器具の取り付け

大工さんが棚やステンパイプを取り付けたらクリーニングをして

各検査を受ける予定です。
13:36:37 | 材料 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
仕上げ工事スタート
2014 / 07 / 11 ( Fri )
鎌田工務店
鎌田工務店
仕上げ工事


お客様の家を優先しておりますので
モデルハウスの進行状況は遅れておりますが
いよいよ仕上げ工事がスタートしました。

大工さんの工事が完了すると、内部塗装をします。
キッチンカウンターや窓台の内部塗装工事をします。
その後にクロス工事(壁紙工事)を開始します。

壁紙を貼るには石膏ボードのジョイントやビス穴を丁寧にパテで埋めていきます。
クロス貼りの出来栄えは、クロス下地となる石膏ボードとパテ処理が
重要ですので下地処理は入念に行い施工を進めています。

内装の壁紙工事が完了すると珪藻土を塗る左官職人さんが
現場に入ります。

クオリティーホーム
クオリティーホーム
12:27:03 | 材料 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
モデルハウスの進行状況
2014 / 06 / 20 ( Fri )
鎌田工務店モデルハウス
床材

西中山の鎌田工務店モデルハウスの進行状況報告です。大工さんが抜けたりして進み具合は遅いですが、内部の造作は90%完了してます。

写真は内の大工のエースの高橋さんが階段を造作しているところと、アンティーク調のクリの無垢床材を、大工の齋藤さんと小野寺君が張り進めている所です。

外部は外壁工事も完了して、雨樋を付けて太陽光発電システムを取り付けたら足場を撤去予定しています。大工さんの内部造作が完了したら、いよいよ仕上げ工事のスタートです。


鎌田工務店モデルハウス
CGパース



上の写真はモデルハウスの状況と外壁のイメージプランボードです。鎌田工務店ではCGのプランボードと「カラー模型」で外壁材を決めていきます。

確認申請や間取り確定時には内部を確認出来る「50分1展開模型」で決めています。モデルハウスの展開模型をお見せします

鎌田工務店モデルハウス
鎌田工務店モデルハウス

南側の軒の出を深くし東・西面の両サイドに壁を付けたパッシブデザインの外観です。太陽の光や自然の風を考えた住宅です

20:16:11 | 建築日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
外壁セルクリンコート、石膏ボードハイクリンボード
2014 / 05 / 29 ( Thu )
Q1住宅
鎌田工務店
鎌田工務店の新モデルハウスではサイディング(外壁材)の施工中です。ここ数年でサイディングのデザインと機能は格段に良くなりました。お施主様の好みのデザインの物が提案出来るようになりました。

サイディング(外壁材)は雨や風・強い日差しから守ります。 とても硬くて、丈夫な部材です。それをサイズに合わせて職人さんが、カットして釘ではなく金具で止めていきます。

足場があるので全体像は見えづらいですが、サイディングは鎌田工務店でも人気が高い旭トステムのニューグラビーレSXシリーズをメインに採用しました

鎌田工務店 外壁
クオリティーホーム
内部では大工さんが下地の石膏ボードを張っています。その石膏ボードの上にクロスや珪藻土などで仕上げをします。石膏ボードは火に強い(燃えない)ので、火災の際、延焼の防止に一役かっています。

モデルハウスで採用している石膏ボードは「ハイクリンボード」と言いホルムアルデヒドを吸収・分解する機能を持っているものを採用しました。通常の石膏ボードとの差別化で、ハイクリンボードは、一目でわかるよう「ピンク色」に成っています。

石膏ボードは建物全体の壁と天井・二階の床面に張っていきます。(一部には耐水ボードも使用します。)最近、新築だけでなくリフォームでもご要望が増えてきている商品です。

断熱性や気密性が上がっている最近の住宅では積極的に室内環境を考える必要があるかも知れません

モデルハウス


17:44:28 | 材料 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
高気密・高断熱住宅
2014 / 05 / 12 ( Mon )

ゼロエネルギー住宅
暖かい家、夏涼しい家
高気密高断熱

モデルハウスでは断熱気密工事の施工中です。

鎌田工務店では性能グラスウールを使用しています。

グラスウールでも種類があり、その密度や繊維の厚さなどによって

性能が変わります。鎌田工務店では通常、高性能の16Kタイプを

使用していますが、これは今のところコストパフォーマンスが最も高い為です。
(二階の遮音の為に場所によって10kタイプも使用します。)

高性能グラスールを大工さんではなくプロの断熱施工屋さんが丁寧に工事をします。

断熱・気密工事が完了したら、大工さんが下地の石膏ボードを張りはじめます。


スマートハウス
エコエア90

今年4月に発売したばかりの商品ですが、
モデルハウスに実験的に採用したLIXIL製「エコエア90」
熱回収率が90%の熱交換器で、PM2.5に対応した換気設備も設置しました。

きちんと断熱気密施工がされていれば第3種換気で
問題が無いと個人的には思っていますが、
1種換気の熱交換換気の場合は外に
排気する空気の熱を活用し室内に近づけて給気するので
快適な空間に成ると言う事で採用してみました。

(第3種換気は、冬場の外気が0℃であれば、
暖房された室内に0℃の冷気を取り込んでしまいます。)


18:04:55 | 材料 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。