fc2ブログ
ヒートショックとは?
2018 / 11 / 07 ( Wed )

11月になりだんだん寒く成って来ましたね。

自宅やモデルハウスのパネルヒーターはまだ動かしていませんが

冬になればお家の中の温度差も暖房をしなければ大きく成ります。

気をつけたいのはヒートショックです。

私たち住宅業界の人間は、当たり前のように耳にする言葉なので、

疑問に感じることはないのですが、

そもそも、ヒートショックって何?と思う方もいるかもしれません。

寒い脱衣室で服を脱いで、熱い浴槽に入る。

そのとき体の中では血圧が大きく変動します。

周りの温度に合わせて、体の熱を逃さないように血管が

収縮したり拡張したりします。



 瞬間的におこる体の変化はとても影響が大きく

脳梗塞などを引き起こすこともあります。

最悪の場合、命を落とすこともあります・・・

高齢者になればなるほど、その影響を大きく受けます。

一番大切なのは部屋の温度をあげるよりも

温度差をつくらないことに成ります。

リビングだけでなく、廊下も脱衣室もトイレも快適な温度であれば

家の中でおこるヒートショックは未然に防ぐことができます。

そのためには、断熱性能が大切と言うお話でした。

11月になりだんだん寒く成って来ましたね。

自宅やモデルハウスのパネルヒーターはまだ動かしていませんが

冬になればお家の中の温度差も暖房をしなければ大きく成ります。

気をつけたいのはヒートショックです。

私たち住宅業界の人間は、当たり前のように耳にする言葉なので、

疑問に感じることはないのですが、

そもそも、ヒートショックって何?と思う方もいるかもしれません。

寒い脱衣室で服を脱いで、熱い浴槽に入る。

そのとき体の中では血圧が大きく変動します。

周りの温度に合わせて、体の熱を逃さないように血管が

収縮したり拡張したりします。



 瞬間的におこる体の変化はとても影響が大きく

脳梗塞などを引き起こすこともあります。

最悪の場合、命を落とすこともあります・・・

高齢者になればなるほど、その影響を大きく受けます。

一番大切なのは部屋の温度をあげるよりも

温度差をつくらないことに成ります。

リビングだけでなく、廊下も脱衣室もトイレも快適な温度であれば

家の中でおこるヒートショックは未然に防ぐことができます。

そのためには、断熱性能が大切と言うお話でした。
スポンサーサイト



19:16:32 | 材料 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<日本と再生 光と風のギガワット作戦がYouTubeで公開中です | ホーム | 築四年のモデルハウスでBELS認定(建築物 省エネルギー性能表示制度)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kamatatatuya.blog121.fc2.com/tb.php/50-d06491a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |