スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
外壁セルクリンコート、石膏ボードハイクリンボード
2014 / 05 / 29 ( Thu )
Q1住宅
鎌田工務店
鎌田工務店の新モデルハウスではサイディング(外壁材)の施工中です。ここ数年でサイディングのデザインと機能は格段に良くなりました。お施主様の好みのデザインの物が提案出来るようになりました。

サイディング(外壁材)は雨や風・強い日差しから守ります。 とても硬くて、丈夫な部材です。それをサイズに合わせて職人さんが、カットして釘ではなく金具で止めていきます。

足場があるので全体像は見えづらいですが、サイディングは鎌田工務店でも人気が高い旭トステムのニューグラビーレSXシリーズをメインに採用しました

鎌田工務店 外壁
クオリティーホーム
内部では大工さんが下地の石膏ボードを張っています。その石膏ボードの上にクロスや珪藻土などで仕上げをします。石膏ボードは火に強い(燃えない)ので、火災の際、延焼の防止に一役かっています。

モデルハウスで採用している石膏ボードは「ハイクリンボード」と言いホルムアルデヒドを吸収・分解する機能を持っているものを採用しました。通常の石膏ボードとの差別化で、ハイクリンボードは、一目でわかるよう「ピンク色」に成っています。

石膏ボードは建物全体の壁と天井・二階の床面に張っていきます。(一部には耐水ボードも使用します。)最近、新築だけでなくリフォームでもご要望が増えてきている商品です。

断熱性や気密性が上がっている最近の住宅では積極的に室内環境を考える必要があるかも知れません

モデルハウス


スポンサーサイト
17:44:28 | 材料 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<モデルハウスの進行状況 | ホーム | 高気密・高断熱住宅>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kamatatatuya.blog121.fc2.com/tb.php/35-e8e79113
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。