スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
仕上げ工事
2008 / 04 / 29 ( Tue )
モデルハウスの外壁はジョリパットといわれる塗り壁になります。
左官職人さんの手仕事の味のある外壁です。芽
クラシックで落ち着いた外観ですが、
高断熱・高気密工法により
快適な住空間となっています。
モデルハウス塗り壁ジョリパット

この後、木製のバルコニーを取り付け予定です。
内部では、珪藻土の仕上げも進んでます。
珪藻土の室内壁
珪藻土の室内壁と天井のパネリング
左官職人の室内壁
現在の日本の住宅では、クロスがメインに室内の内装に使用されてます。
早くて、綺麗で、工期も短く済むので、
日本の住宅産業(マンションや、アパートなども)に貢献してます。
昔の住宅には、土壁や漆喰(しっくい)仕上げが、メインでした。
吸放湿性(湿度を吸収して、乾燥しすぎると、
湿度を出してくれる性質)があり、人や、環境に優しい材料でした。
今、漆喰に変わる材料があります。珪藻土(けいそうど)です。
珪藻土では、クロスでは出ない、陰影(凹凸)や、曲線が出ます。薬草MH

左官仕上げの珪藻土も、木と同じ性質があります。
湿気の多い日は、吸収してくれて、乾燥しすぎると、湿度を放湿してくれます。
まさに、健康住宅です。

次回は、最終工程に張る、後張り浮き床工法
ご報告します。
PS、
OPENが決定しました
5月24(土)・25(日)・26(月)モデルハウス見学会を開催します。

手づくりの家のため、時間がかかってしまいました。
その分、愛情たっぷりなお家になっています。
職人さん、協力業者さん、皆の想い入れの深さを、
きっと感じてもらえると思います。
鎌田工務店ホームページはこちらから
スポンサーサイト
21:51:26 | 建築日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<三層フロア(無垢の床材)とフローティング工法(浮き床工法) | ホーム | 木工事完了(大工さんの工事)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kamatatatuya.blog121.fc2.com/tb.php/15-345090ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。