fc2ブログ
vol.1最新の家でも寒いのはなぜ?在来木造の断熱気密の構造的な欠陥
2021 / 12 / 12 ( Sun )


北海道で生まれた断熱・気密の技術を全国で使えるように工法化した、日本の高断熱高気密の父、鎌田紀彦先生の基礎セミナー。「温暖地における高断熱高気密住宅の正しいつくり方」を分かりやすく解説します。

[この動画の見どころ]
・足元は15℃、天井は30℃近い家がまだまだ多い
・快適性、省エネ性は毎日の暮らしで実感できる
・在来木造の欠陥は、壁の中が床下とつながっていること

※本セミナーは、建築知識ビルダーズ×硝子繊維協会で共催したオンラインセミナーを録画編集したものです。
スポンサーサイト



16:59:01 | 建築日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |