スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
仕上げ工事
2008 / 04 / 29 ( Tue )
モデルハウスの外壁はジョリパットといわれる塗り壁になります。
左官職人さんの手仕事の味のある外壁です。芽
クラシックで落ち着いた外観ですが、
高断熱・高気密工法により
快適な住空間となっています。
モデルハウス塗り壁ジョリパット

この後、木製のバルコニーを取り付け予定です。
内部では、珪藻土の仕上げも進んでます。
珪藻土の室内壁
珪藻土の室内壁と天井のパネリング
左官職人の室内壁
現在の日本の住宅では、クロスがメインに室内の内装に使用されてます。
早くて、綺麗で、工期も短く済むので、
日本の住宅産業(マンションや、アパートなども)に貢献してます。
昔の住宅には、土壁や漆喰(しっくい)仕上げが、メインでした。
吸放湿性(湿度を吸収して、乾燥しすぎると、
湿度を出してくれる性質)があり、人や、環境に優しい材料でした。
今、漆喰に変わる材料があります。珪藻土(けいそうど)です。
珪藻土では、クロスでは出ない、陰影(凹凸)や、曲線が出ます。薬草MH

左官仕上げの珪藻土も、木と同じ性質があります。
湿気の多い日は、吸収してくれて、乾燥しすぎると、湿度を放湿してくれます。
まさに、健康住宅です。

次回は、最終工程に張る、後張り浮き床工法
ご報告します。
PS、
OPENが決定しました
5月24(土)・25(日)・26(月)モデルハウス見学会を開催します。

手づくりの家のため、時間がかかってしまいました。
その分、愛情たっぷりなお家になっています。
職人さん、協力業者さん、皆の想い入れの深さを、
きっと感じてもらえると思います。
鎌田工務店ホームページはこちらから
スポンサーサイト
21:51:26 | 建築日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
木工事完了(大工さんの工事)
2008 / 04 / 20 ( Sun )
モデルハウス建築もいよいよ終盤に入りました。
大工さんの工事が完了し、(一部床はりがのこってますが・・・)
後張り浮き床工法(フローティング工法)のため・・・

珪藻土の左官工事・壁紙のクロス工事、
塗装屋さんにバトンタッチです。
西中山(男生山)モデルハウス鎌田工務店

現在のモデルハウスです。
外観は塗り壁の下地塗りを終え
天候を見て仕上げのジョリパット(塗り壁仕上げ材)待ちです。
出窓部分には、ポイントにボータータイルをはりました。
バルコニーはオール木製のため最終工程です。

今日はご紹介したいところは沢山ありますが・・・
厳選して見どころの一部ご紹介します
ジョンソン手摺とステンドグラス
ジョンソン手摺

吹き抜けから見えるステンドグラス(アンティークです。)と
鎌田工務店のお客様に人気のオーバー・ザ・ポストの
ジョンソン手摺です。
内の大工のエース英明君の愛情たっぷりの部分です。
エレガントなオリジナル柱型

鎌田工務店の大棟梁の三田地さんが、
リビングの見せ場(シンボルツリー?)柱型を
製作しました。
「エレガントな雰囲気、プンプンですな~」
完成は、OPENまで楽しみにしていてください。

実は、キッチンも仙台で一番最初に取り付けた
ニューモデルや他にもお気に入りの納まりが沢山あります。

小さい部分のデザインの見せ方しだいで、
家全体の雰囲気が段違いにカッコ良くなります。
とことんこだわる!!オーダーメイドが
クオリティーホーム鎌田工務店の家づくりです☆

OPENは5月中旬予定です。
詳細はお待ち下さい☆
もちろんプレOPENも予定してます。

やります地元の工務店

鎌田工務店HPはこちらから
23:43:21 | 建築日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
塗り壁の下地と内部の進行状況
2008 / 04 / 10 ( Thu )
じわじわと、モデルハウス建築が進んでます。
モデルハウス

グレーの塗り壁下地(デラクリート)が見えます。
モデルハウスは塗り壁(ジョリパット)の家です。

なうての設計士(建築家)は、素材にこだわる方が多いです。
コンクリート打ちっぱなし・アルミ・レンガ・タイル・木
材料を適材適所に使う。
建物(構造物)を美しく見せる使命や責任があります。
鎌田工務店モデルハウスでは、左官仕上げの塗り壁を採用しました。

左官職人の手仕事の技術の「ムラ」を楽しみたいからです☆
来週から外部の塗り壁を仕上げます。


内部造作(大工さんの工事)も進んでます。
エース英明君で~す。
斉藤さんに早坂さん

内のエース英明君が、階段作りをしてます。
ベテラン大工組チーム林さんの、早坂さん・斉藤さんが、
鎌田工務店お家芸、天井の羽目板張りを進めてます。

モデルハウス仙台市

二階の工事は、ほぼ進んでます。
床は、遮音のためボードが張られている状態です。
モデルハウスの一部では、釘を使わない後張り浮き床工法を予定してます。

フローティング工法(後張り浮き床工法)
モデルハウスでこの工法の床材を実験的にテストしてます。
今までも、何度かお客様の住宅に採用させていただきましたが、
非常に優れた床はり工法です。
多少、費用がかかりますが、
ボンドや釘を使わづ、仕上げの最後に張るので、
養生もいらない、隠れたメリットがあります。
多少、課題もありますが、モデルハウスでは
実験もできるので採用しました。
くわしくは、最終工程でお伝えします。


01:03:24 | 建築日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。