スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
鎌田工務店
2016 / 04 / 28 ( Thu )


スポンサーサイト
19:28:01 | 建築日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
モデルハウスの進行状況
2014 / 06 / 20 ( Fri )
鎌田工務店モデルハウス
床材

西中山の鎌田工務店モデルハウスの進行状況報告です。大工さんが抜けたりして進み具合は遅いですが、内部の造作は90%完了してます。

写真は内の大工のエースの高橋さんが階段を造作しているところと、アンティーク調のクリの無垢床材を、大工の齋藤さんと小野寺君が張り進めている所です。

外部は外壁工事も完了して、雨樋を付けて太陽光発電システムを取り付けたら足場を撤去予定しています。大工さんの内部造作が完了したら、いよいよ仕上げ工事のスタートです。


鎌田工務店モデルハウス
CGパース



上の写真はモデルハウスの状況と外壁のイメージプランボードです。鎌田工務店ではCGのプランボードと「カラー模型」で外壁材を決めていきます。

確認申請や間取り確定時には内部を確認出来る「50分1展開模型」で決めています。モデルハウスの展開模型をお見せします

鎌田工務店モデルハウス
鎌田工務店モデルハウス

南側の軒の出を深くし東・西面の両サイドに壁を付けたパッシブデザインの外観です。太陽の光や自然の風を考えた住宅です

20:16:11 | 建築日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
鎌田工務店新モデルハス 地盤改良工事
2014 / 02 / 19 ( Wed )
本日、新モデルハウスの地盤改良工事が完了しました。

モデルハウスの建つ西中山の地形は元は山なのですが、

盛土の場所で地盤調査の結果、若干弱い地層があり、

想定した地耐力に足りなかったため、

地盤改良工事を施工してもらいました。

今回の改良工事は「ソイルコラム工法」と呼ばれる

地盤にスクリューで支持地盤までほり

地中にセメントを柱状に流し込む工法で行いました。

前回のモデルハスでは地盤改良が不要な地盤でしたので、

近い土地でも地耐力は調査しないとわからないと言う事になります。

仙台市 工務店 地盤改良
鎌田工務店 地盤改良



写真のように大きなドリルのような

機械で穴をあけて、そこにセメントを混ぜ入れながら

固い柱のようなものを作る方法です。

この杭を建物の建つ部分にバランスよく配置しています。
仙台市 工務店 モデルハウス
仙台市 鎌田工務店モデルハス


この白く丸い部分が杭として建物を支えることになります。

この直径60cm程の杭が2.5~3.5mの深さで35本施工されています。

養生して、しっかりと固まった後基礎工事を始める予定です。

16:15:58 | 建築日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
クオリティーホーム 鎌田工務店
2014 / 01 / 29 ( Wed )
地盤調査 鎌田工務店
地盤調査 鎌田工務店
昨日、鎌田工務店の新モデルハウス の地盤調査が行われました。 

鎌田工務店の地盤調査方法は主にスウェーデンサウンディング試験にて調査します。

スウェーデンサウンディング試験については、現在のモデルハウスの建築日記にも

書きましたので是非、過去の記事をご覧下さい。


地盤調査は以前に家が建っていたからといって 地盤がしっかりしている保証は 

全くありません。ほんの少し前までは地盤調査もせず 建物を建てていた時代です。

過去に建物が建っていたからという事は、信用性ゼロです。 

でも、今では地盤調査が当たり前ですのでご安心ください。

地盤がダメだとどんなに立派でお金をかけて作った強固な基礎、

建物でも意味をなさないという事です。

その為の地盤調査です。調査の結果大小に関わららず、地盤改良が

必要な場合もありますが、建物を建てる前には必要な工事です。

今回の地盤調査の結果によって地盤を補強しなおすかは、

調査数値を見て考慮します。チック表と分析表データーを、

地盤調会社にまとめていただき、毎回お客様に提出してます。

新モデルハウスは盛り土なので改良が必要になると思います

次回は、地鎮祭についてお知らせします。

クオリティーホーム
クオリティーホーム 地盤調査
12:42:20 | 建築日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
地縄はり
2014 / 01 / 27 ( Mon )
鎌田工務店のモデルハウス建設地に兄の勇と地縄を張りました。

地縄(じなわ)とは、着工前に土地に対して家がどういう位置に建つのか、

縄(実際はビニールテープ)を張って確認することです。

工事に入る前に確認しておかなければならないことは、地面に地縄張りをして確認します。
(道路との位置関係や隣接地との離れ寸法の確認を行います)

鎌田工務店 モデルハウス
地縄はり

写真で見える家が現在のモデルハウスです。(私、鎌田竜也の自邸です。)

土地にロープを張り、家の外周を確認します。地縄では思ったより小さく感じましたが、

実際に骨組みが建ってみると大きく感じるはずです。

次回は地盤調査や地鎮祭をお伝えしたいと思います

クオリティーホーム モデルハウス
18:05:01 | 建築日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。